合宿免許と通学免許の違い

今の時代、ほとんどの方が自動車免許を取得しています。自動車学校も全国各地に存在しています。学校により価格、システムはまちまちですが、その中でも合宿免許は共通の特徴があり、10代後半から20代前半に人気の取得方法です。
その為、大学の生協などにもパンフレットが多く並んでいます。


自宅から通い、自分の時間に合わせてスケジュールを組む通学免許と違い、合宿免許は、教習所の宿泊施設に宿泊し、入学から卒業まで教習所が作成したスケジュールに合わせて教習を進める免許スタイルになります。


時間ごとの予約を自分でとる必要がない為、面倒な手続きの必要がありません。

合宿免許で普通車オートマを専攻した場合、最短14日で卒業が可能になります。

合宿免許の喜びの声を頂いています。

通学免許の場合、春休みや冬休みなど混みあった時期には、2ヶ月以上かかるケースもあります。

合宿免許は、集中して毎日車に乗ることで、運転技能がすぐに上達し、学科の知識も必然的に頭の中に入ってきます。

その為、短期間で免許を取得することが可能なのです。
予算に合わせ、ホテルや旅館、シングルルームと自分のスタイルに副ったプランを選ぶことができます。合宿場所も各地にあり、朝から晩まで1日中教習をすることはないので、その土地の料理を食べたり観光に出かけたり、ちょっとした旅行気分も味わえます。

また同じ免許取得という目的の方たちばかりなので、新しい友達も出来る為1人の参加でも安心できます。


更に合宿免許のシステムのほとんどがパック料金となり、教習費、3食付の宿泊費、交通費すべて込みの安心保証料金となります。



教習所によっては、教習補修や再検定、延泊費用など追加費用がかからない場合もあります。



通学免許に比べると安い料金で取得することができます。


好きな日、好きな時間に通える通学免許と違い、合宿免許は集中して日程が組まれている為、まとまった時間が必要となります。すぐに免許を取得したい、ある程度自由な時間を確保できる方におすすめの取得方法です。