合宿免許が通学免許よりもお勧めな点

運転免許を取得する際には合宿免許、通学免許の2通りの取り方があります。

運転免許を取得するのは人生で一回ですから、免許を取る過程も楽しみたいものです。

合宿免許の良い点は、短期間に免許を取得できることと、旅行を兼ねて新しい場所に滞在できる点です。

通学免許では自分のペースで免許取得を目指せる一方で希望の時間と予約できる時間がなかなか合わず時間がかかりがちです。


特に、学科は一通りの講義を網羅せねばならず、学校やアルバイトの予定となかなか合わずに悩む人が多くいます。

免許取得時には段階ごとに指定の授業や効果測定を終了しておかなくてはならないため、思うように学科の講義が取れないことは免許取得スケジュールに影響を与えます。

学科や効果測定のスケジュールがあらかじめ組まれており効率よく済ませることができるのは合宿免許の大きなメリットです。通学での免許取得時には講義を細切れで長期間に分かって受講してしまうと効果測定に苦労することがありますが、合宿免許の際には短期間で講義を受講し終えているために効果測定にも効率よく望むことができます。



また、効率の良い受講ができる点は技能でも同様です。通学免許の際には、混雑する長期休み中には予約が取りにくいことが問題です。



技能の予約が10日以上の間隔をあけてしまうこともあり、運転時の感覚がなかなかつかめないことがあります。

また、1時間ごとの技能の時間中に、教習所での乗車、教習所への引き返しをしなくてはならず、実際に運転できる時間が短くなってしまいます。
合宿免許では、連続して2時間の運転が可能になるためにより長時間の乗車をすることが可能です。
そして、合宿免許の良い点は新しい土地で長時間滞在できることがあります。


旅行気分が味わえることに加え、普段は一緒に行動しないような人とも同じ合宿グループとして交流することが可能です。



これは良い経験となります。
免許取得に対し、ゆっくりじっくりと勧めたい場合には通学免許でのマイペース取得が有効ですが、短期間に集中して効率的に合宿免許で取得することは車になれると同時に、人との交流というよい経験もできる手段です。